ストリートダンススタジオ検索

ストリートダンスが習えるダンススタジオ・ダンス教室・スクール情報を都道府県別で絞込み検索出来ます。

ダンススタジオを地域でさがす

ストリートダンスのジャンル解説

ストリートダンス(Street Dance)とは

ストリートダンスとは、ストリート、つまり路上で踊られることから生まれたダンスの総称。

HIPHOP、BREAKIN’、POPPIN’、LOCKIN’、JAZZ、REGGAE、HOUSEなどのジャンルがあり、そのそれぞれが特徴的なリズム、ステップ、動き方を持ってる。

ジャズダンス(JAZZ)

本来ストリートダンスではないが、ストリートダンスより歴史が古く、ショウダンスの世界を確立しているのがジャズダンス。

基本としているスタイルはバレエで、バレエよりもよりリズミカルに、自由に踊れるダンス。

タレントやアーティストのダンスは、実はほとんどがジャズダンスがベースになっていることが多い。

王道のスタイルから、ヒップホップにジャズを取り入れた新しいスタイルまで、実に幅広い。

ヒップホップ(HIP HOP)

ヒップホップミュージックに合わせて踊るダンス全般のことで、さまざまなダンスの影響が取り入れられて育ったダンス。

ヒップホップは時代によってさまざまなダンスの要素を取り入れたスタイルが生まれ、EXILEのようなステップ中心のスタイルから、ジャズダンスと結びついたスタイルまで、実に幅広いスタイルがある。

ブレイキン(BREAKIN’)

ブレイキンは、世界的なコンテテストの影響もあって、世界で最も人口の多いダンスといわれているストリートダンス。

ブレイキンは床を使った「フットワーク」や大技系の「パワームーブ」を中心にいくつもの技が存在する。

特に大技系の「パワームーブ」は、頭を使って回転する「ヘッドスピン」や体操技の「ウインドミル」などダンスをやっていない人が見てもそのすごさがわかりやすい。

ポップ(POP)

ポップ(ポッピン)とは、人間の動きを超越した不思議な動きで見る者を釘付けにするダンススタイル。

ポップにもさまざまなスタイルが存在し、腰をロールするような動きが特徴の「ブガルー」とクレイアニメやカートゥーンアニメのような不思議な動きが特徴の「アニメーション」の2つのスタイルがよく知られている。

マイケルジャクソンの「ムーンウォーク」や「ロボットダンス」はまさに「アニメーション」に部類されるダンススタイル。

ロックダンス(LOCK)

ソウルやファンクミュージックにのせて踊るダンスで、激しい動きから突然静止してポーズを取るのが特徴のダンス。

手の動きがメインとした、一つ一つの動きがロックするような形の連続性を、ミュージックの内容とマッチした振りで踊る。

レゲエダンス(REGGAE)

カリブ諸島にあるジャマイカで生まれた「レゲエミュージック」の「ダンスホール」と呼ばれるタイプの曲で踊る。

カラダをくねらせ、腰を振り、開脚したり、倒立したり、見ている人の度肝を抜くアクロバティックな技も飛び出す。

さらに、肌の露出度の高い衣装で、激しく情熱的に踊り、男性を魅了する。レゲエダンスは女性が目立つが、男性も踊る。

ハウス(HOUSE)

いわゆるディスコでかかっていた音楽を元に発展したクラブミュージック「ハウス」に合わせて踊るダンス。

速いビートでめまぐるしく動く、流れるような素早い足裁き(ステップ)や、カポエイラ、ブレイキンなどの影響を受けたアクロバットまで、あらゆるジャンルの踊りを取り込んだダンススタイルで、とにかく音楽との一体感が最高に気持ちいい。